お問い合わせ
ホーム > 橋詰京美のコラム > トツキトオカ

トツキトオカ

2015年7月11日 親しい友人を招きサロンの内覧会を行った。しかし、「サロンを持つ」ということは、私にとっての長年の夢というわけではなかったのだ……。

 

1年前の9月1日15:30 私は緊張を笑顔で誤魔化し、精一杯のカラ元気で椅子に座っていた。目の前には東京から来た経営コンサルタントが座っている。「人を見ないで、数字だけをみるんだろうな…。クールでドライだ。きっとそうだ」勝手な思い込み。

 

直近3年の確定申告用紙を見ながら「京美さん、一桁間違えていませんか?」『ああ、恥ずかしい』収入を明かすのは、裸になるのと同じだ。しかも、一桁違うんじゃないかと疑われるほどの低収入だ。裸になる方がマシである。

おまけに、ビジネスプランもない。

「手に負えません」「一昨日来やがれ」と断られることは承知の上だった。

 

でも私は、「自分の仕事を、人生を何とかしなければいけない」ということを誰よりもよくわかって、そこに座っていた。追い返されることを覚悟で。

 

ところが、その経営コンサルタントは、私の経験や資格から、私の新しいビジネスをひねり出そうと、一緒に考え始めてくれた。生きていると、自分の人生を変えてくれる人との出会いがあるというが、まさにその人だった。

 

ビジネスや経営なんて、別世界だったので、全てが初めてのことだった。

私は経営コンサルタントに、まるで子泣き爺のようにしがみついて、小さなことから教えてもらった。一歩一歩進むうちに、いつの間にか「サロン開業」ということになっていた。そして、それを私以上に喜んでくれたのは、経営コンサルタントだった。

 

出会いから数えてみると、「トツキトオカ」。

実際の妊娠期間は10か月と10日ではないが、私にとってこのサロンオープンは、10か月と10日の集大成となる。願わくば、安産で、多くの人に愛されながらすくすくと健康に育ちますように。

 

10438280_429970453857815_1391083705620233312_n.jpg

写真:多くの皆さまにお祝いのお花をいただきました

この記事をシェアする

facebook
インスタグラム