お問い合わせ
ホーム > 橋詰京美のコラム > 生活でアロマを活かす〜G退治〈ailes 精油の横顔〉

生活でアロマを活かす〜G退治〈ailes 精油の横顔〉

 

G退治といっても「読売ジャイアンツ」ではありません。

 

キッチンなどに出没する、あのゴキブリさんです。

夏場の虫除けにはレモングラスが有効なのは、以前も書いた通りです。

 

◆ 過去記事はこちら > 虫除けにレモングラス

 

thumb.jpg

 

では、ゴキちゃんが嫌がる香りって??

巷では、クローブ・ペパーミント・ローズマリー・レモングラスなどなどと言われていますが、

九州大学農学研究院と久留米リサーチ・パーク、そして久留米のアカル社の共同研究で「ベチバー」にゴキブリやダニなどの害虫を寄せ付けない効果がある…ということが明らかにされています。

 

ベチバーは、イネ科の植物。主にインドネシアが原産地です。

香りは、濃厚でスモーキー、森深くの湿った土を思わせるけれど、鼻腔の最後の最後に、ほんの少し甘みも感じる重たい香り。

 

ベチバー1つだけだと重い香りなので、「グゲッ」と顔をしかめる方も多いけどオリエンタル調の香水には、香りの深みをつける重要な役割を担います。

 

フワッフワと地に足がつかないような状態の時に、大地に足をドンとつけて精神を鎮静させる……そんな作用があります。

 

 

特にゴキちゃんは、ベチバーの根を嫌うらしく、

ベチバー精油は、根から抽出されている。

 

これは使うしかないですね!

 

 

では2つの使い方をご紹介。

 


 

① 重曹大さじ1にベチバー精油を3滴。

  うにうにと混ぜて不織布に入れて、通り道に置く。

 

 

② 無水エタノール5mlにベチバー精油を20滴入れ、

  よく混ぜたら精製水45mlを入れ、混ぜる。

  スプレー容器に入れ て、通り道にシュシュッ。 

 


 

たったこれだけ。

 

①か②かお好みの方で試してみてください。

 

もちろん、①も②も試す前に、日頃から、食べ物のゴミなどをちゃんと掃除することが一番ですよ。

 

 

ベチバー精油は、そんなにデイリーに活躍する精油ではないので、購入時には一番小さいサイズを。

 

それでも余ると思うので、そんな時には秋〜冬の肌が乾燥する季節、ハンドクリームに混ぜてみてください。

肌の抗炎症作用・鎮静作用・細胞活性化作用などがリポートされているので、手荒れに強い味方になってくれます。

 

使う時は、無香料のハンドクリーム小さじ1杯に対して1滴の割合でね。

 

 

ゴキちゃんにお悩みのご家庭に幸あれ〜〜。

 

kyoumi_signature.png

 

追伸heart【 ailes橋詰京美の生活とビジネスで活きる、声と香りの実用アイデアノート】

 

メールでお届けしています。声と香りについてちょっとだけ深く知って、生活にお役立ていただくアイデアの数々です。

ご登録はコチラから。

携帯メールはお届け出来ないことが多いので、可能なかぎり携帯メール以外のアドレスをご登録くださいね。

 

京美 ^^

 

 

この記事をシェアする

facebook
インスタグラム