お問い合わせ
ホーム > 橋詰京美のコラム > 85歳父のスマホ大特訓
更新日 2017/05/14

85歳父のスマホ大特訓

85歳になる父の携帯が繋がらなくなった。
実家の固定電話にかけ、母に聞いてみる。

「それがね〜、お父さん、何を思ったかスマホにしたのよ」
「えええ???」
「使い方がわからなくて、電話にでられないの」
「・・・・・・・・・」

こりゃ、いかん。

今年のゴールデンウィークは、実家に入り浸り、
父のスマホ大特訓がはじまった。
私も決して得意な方ではないが、基本的な操作
・電話を取る・かける
・メールを読む・返信する
を目標に頑張ってもらう。

「機械の操作は難しい」という概念があるので
簡単なことも複雑に考えてしまうのだろう。

画面とにらめっこする時間がやたら長い(笑)。

85歳のチャレンジを娘ながら誇りに思う。

一通り操作を伝えた後、レポート用紙にスマホ画面の
絵を描き、手順を書いた。
「これは、マニュアル本よりわかりやすい」と
喜んでくれた。
あとは、何度も繰り返して慣れるだけ。

思った以上に飲み込みが早かったので
Facebookも開設した。

実家には両親だけ。
私も同じ県内に住みながらも、時々しか帰れないし
姉一家は東京だ。
姉はFacebookをしないけれど、旦那さんと子供達はやっている。

娘婿と孫、そして娘である私の動向がわかると安心してもらえるのでは?
と思ったからだ。

以来、私の記事に父からの「いいね」がつくことがとても楽しみになった。
そして、父に安心してもらえるような、喜んでもらえるような毎日を
送りたいと思うようになった。

父はまだ、自分で記事を投稿していない。
今度実家に帰った時に、復習しよう。

 

この記事をシェアする

facebook
インスタグラム