お問い合わせ
ホーム > イベントレポート > 「自己紹介が好きになった」
更新日 2017/01/23

「自己紹介が好きになった」

交流会や勉強会で「1分間自己紹介」タイムってありますよね。

どうも皆さん苦手そう…。

かく言う私も得意ではありません。先陣切ってやるタイプでもありませんし…。

ただ、自己紹介のチャンスがあるなら、しっかり活かしたいと思うのです。

 

交流会や勉強会での自己紹介は、ビジネスチャンスを広げるためのものと私は位置付けています。

ならば、この1分間で自分の仕事を伝えるためには、どうすればよいだろう?

「何を伝えるか?」「どう伝えるか?」

ポイントを押さえれば、そう難しいことではありません。

 

多くの方が、行き当たりばったりで話をしています。

そして結局名刺コレクターのように名刺ばかりが増えて行く。

ちょっと振り返って考えてみてください。

そのようにただ名刺交換しただけの相手と、今までどのくらいビジネスにつながりましたか? 

私は、ほとんどないのではないかと思っています。

しかも、名刺を見返しても顔さえ思い浮かばないこともありませんか? 

この自己紹介セミナーは、多くの名刺を集めることを目的とはしていません。

むしろ名刺交換の数は減ってもいいとさえ思っています。

ただし、自分の仕事に興味をもって名刺交換に来てくれる、

いわゆる「見込み客」とつながる自己紹介を組み立てていきます。

そして大切なことがもう一つ「聞き手の記憶に”よい印象”として残る」こと。

それは、話の中身だけでなく、表情・姿勢・ボディランゲージ・声といった非言語コミュニケーションの力です。

このセミナーでは、「何を伝えるか?」という原稿作成のコツもお伝えしますが、「どう伝えるか?」といった非言語コミュニケーションの分野もお伝えしています。

参加されたお客様から「早く自己紹介したくなった」「自己紹介が好きになれそう」との感想をいただき、私も感激しました。 

ビジネスを広げるために参加する交流会では避けては通れない「自己紹介」。

そろそろ苦手を克服しませんか?

 

 

この記事をシェアする

facebook
インスタグラム